ディフェンバキア・オエルステディ
 分類  サトイモ科
 学名  Dieffenbachia oerstedii
 英名  Dumb Cane
 原生地 コロンビア、ベネズエラ、エクアドル

 特性
常緑性多年草。葉が濃緑色で白色の主脈が入る。子株がよく発生するので、株分け繁
殖ができる。液汁にしゅう酸カルシウムが含まれていて、口に入れるとのどがはれて数
日間話せなくなるので、英語で dumb cane と呼ばれる。


 栽培

半日向〜半日陰。直射光に当てると日焼けしやすい。

温度
生育適温は、20〜30 ℃。寒さにはやや弱く、8 ℃ 以下の低温に長く置くと葉が落
ちる。



蒸散量が多いのでこまめに水やりを行い、根がしっとりした状態を保つ。空中湿
度も高いほうを好むので、葉水の回数を多くする。

ハイドロカルチャー
容器に水がなくならないうちに、水を与え、水切れしないようにする。空気が乾燥
するとハダニがつきやすいので葉水をこまめにやると良い。





トップへ
トップへ
戻る
戻る