フィカス・グランディス(フィカス・ヴェルチナ)
 分類  クワ科
 学名  Fiicus grandis
      Fiicus velitina
 英名  
 原生地 南米

 特性
常緑高木。葉は楕円形で、長さ30cm以上と大きく、革質で肉厚。葉の裏側に柔らかい
毛が密生しベルベットのような触感。葉の色は濃緑色で葉脈が黄色ではっきりしていて
美しい。流通量が非常に少なくデータもほとんどない希少種。

 栽培 (他のフィカス属に準ずる)

半日向。本来は光を好むが、耐陰性が強いので室内のどこにでも置ける。

温度
生育適温は、20〜30 ℃。寒さに弱く、越冬には15 ℃以上必要。


生育期は、用土が乾いたらたっぷり与える。冬の間は、水を控えめにし乾燥気味
にすると良い。空中湿度が高いのを好むので、葉水の回数を多くする。

ハイドロカルチャー
耐陰性が強いのでハイドロカルチャーに適す。半日向を好むので不透明の容器
で栽培し、日が当たり容器に藻が生えるのを防ぐ。ガラス容器で栽培する場合
は、日が当たらない明るい場所におく。




トップへ
トップへ
戻る
戻る