インコアナナス
 分類  パイナップル科
 学名  Vriesea carinata
 英名  
 原生地 ブラジル

 特性
常緑多年草。小型の着生種で、葉肉は薄くて軟らかく光沢がある。株の中心には葉の
基部が重なり合って出来た筒があり、これが貯水槽となっている。花は黄色で扁平な黄
色と赤 2 色の花苞の間から咲く。


 栽培

半日陰を好む。

温度
生育適温は 20〜30 ℃程度で、寒さには弱く、10℃以上が必要。


葉筒内に水をためて養水分を吸収する種類なので、多湿を好む。着生種なので
根は固く養水分を吸収能力が低いので、葉筒に常に水を入れておく。冬場は、葉
筒に水を貯めないようにする。

ハイドロカルチャー
半日陰を好むのでハイドロカルチャーに適す。水は葉筒に貯め与える。水やりの
ときに月に 1〜2回 液肥を与える。





トップへ
トップへ
戻る
戻る